1847円 福島辰夫写真評論集(第2巻) 「10人の眼」・VIVOの時代福島辰夫 トップ 本 ホビー・スポーツ・美術 カメラ・写真 カメラ 1847円,福島辰夫写真評論集(第2巻) 「10人の眼」・VIVOの時代福島辰夫,www.donaskavencov.sk,/jefferisite983908.html,トップ , 本 , ホビー・スポーツ・美術 , カメラ・写真 , カメラ 福島辰夫写真評論集 第2巻 早割クーポン VIVOの時代福島辰夫 10人の眼 福島辰夫写真評論集 第2巻 早割クーポン VIVOの時代福島辰夫 10人の眼 1847円,福島辰夫写真評論集(第2巻) 「10人の眼」・VIVOの時代福島辰夫,www.donaskavencov.sk,/jefferisite983908.html,トップ , 本 , ホビー・スポーツ・美術 , カメラ・写真 , カメラ 1847円 福島辰夫写真評論集(第2巻) 「10人の眼」・VIVOの時代福島辰夫 トップ 本 ホビー・スポーツ・美術 カメラ・写真 カメラ

福島辰夫写真評論集 第2巻 早割クーポン VIVOの時代福島辰夫 10人の眼 流行

福島辰夫写真評論集(第2巻) 「10人の眼」・VIVOの時代福島辰夫

1847円

福島辰夫写真評論集(第2巻) 「10人の眼」・VIVOの時代福島辰夫

商品情報

  • 発売日:nbsp;nbsp;2011年08月
  • 著者/編集:nbsp;nbsp; 福島辰夫
  • 出版社:nbsp;nbsp; 窓社
  • 発行形態:nbsp;nbsp;単行本
  • ページ数:nbsp;nbsp;235p
  • ISBN:nbsp;nbsp;9784896251050

商品説明

内容紹介(「BOOK」データベースより)

日本の現代写真の飛躍となった「10人の眼」・VIVOについての貴重な証言ー他にエドワード・スタイケンインタビュー(1955)、「極私と超国境の空間から」(1973)、「私のデモクラート、瑛九のデモクラート」(1999)などを収載。

目次(「BOOK」データベースより)

第1章 なぜ「10人の眼」であったか/第2章 青白い火花ー奈良原一高/第3章 バウハウスの鉱脈ー石元泰博/第4章 新しき時代のリアリストー細江英公/第5章 スタインケンのプレゼント/第6章 写真家物語ユージン・スミス/第7章 極私と超国境の空間から/第8章 自然・風景・無風景/第9章 私のデモクラート、瑛九のデモクラート

著者情報(「BOOK」データベースより)

福島辰夫(フクシマタツオ)
美術評論家、写真批評家。1928年東京生れ。1951年、東京大学在学中に画家・岡鹿之助の勧めにより美術評論を志す。翌年から瑛九を中心にした「デモクラート美術家協会」に加わる。1957年から当時の新しい写真家による展覧会「10人の眼」展をオルガナイズする。1959年、写真家によるセルフエイジェント「VIVO」を設立。1981年から約3年間に全国33カ所で「いま!!東松照明の世界・展」を行う。以後国内外で独創的な写真展のオルガナイズ、キュレーションを数多く行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

]

福島辰夫写真評論集(第2巻) 「10人の眼」・VIVOの時代福島辰夫